●「親への手紙」を書いた100名へ謝礼を寄付したい方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



サポート購入で買う
 『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』(Create Media編/dZERO刊/1800円+税 ※10月2日発売)は、親から虐待された100人の手紙を1冊にまとめた本です。

 この本の出版は、本の制作費400万円を調達するために、1冊2000円(税・送料込み)を先払いしていただく一方、「親への手紙」を書いた100名へ1人1万円の謝礼を支払うため、寄付金を募っています。

 こんな声も届いているからです。

「タイトルが怖くて読めない。
 でも、出版は応援したい」

「親から虐待されるというつらい過去に向き合った100名のみなさんの勇気を尊敬し、寄付したい」

「領収書を発行してくれるなら、寄付したい」

読売新聞2017年9月19日夕刊
 そこで、サポート購入による注文だけでなく、寄付も受け付けることにしました。

 この本の制作費400万円のうち、11月7日にようやく300万円を達成。
 あとは手紙を書いた100人の謝礼分100万円を残すのみ、というところまでたどりつきました。

 親から虐待されたつらい記憶と向き合い、本書を書いた100名の勇気をほめていただけるなら、以下の口座にお振込ください。

【寄付のお振込先】
ジャパンネット銀行
本店営業部(ホンテン) 店番号 001
口座番号 4768685 

普通預金
口座名 柳原 剛(ヤナギハラ ツヨシ)


※三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちの方はメール
※「柳原剛」は本書を編集するCreate Media=今一生の本名


【ご注意】
●お振込の際、なるだけ名義人に「キフ」という言葉を加えてください。

●領収書が必要な場合は、お振込後に、氏名・振込額・住所(〒付き)をconisshow@gmail.com(今一生)までお知らせください。
 お振込の確認後、1週間以内に郵送させていただきます。
 ただし、出版のための広報や資金調達などの一切の作業を1人で担当しているため、領収書の発行は1万円以上の寄付のみとさせていただきます。

一回の寄付は、個人では1000円以上、団体ならなるだけ2万円以上をご検討ください。
 もちろん、額面に縛りはありませんが、2017年12月末までに手紙執筆者へ謝礼を支払う必要があるため、少額だけを集めていては間に合わないという緊迫した状況にあります。
(※サポート購入の額面に寄付を足して振り込んでもかまいません。その際は、ご意見・質問の欄にその旨を明記)

●企業・学校・政党・宗教団体・NPO・学生サークルなど、団体名義の寄付も歓迎します。
 勤務先や通学先で仲間を誘い合い、「◯◯有志一同」などの組織名での寄付も歓迎します。

●「寄付収入+サポート購入」の総額が100万円に達するたびに、「今一生のブログ」で報告しています。
 また、総額が400万円以上に達し、寄付の受付を終了する際も、同じブログでお知らせします。




この本の出版を応援してくださる方で、
パソコンをご利用の方は、
この下にあるtwitterなどの拡散ボタンを!