★みんなの「親への手紙」プロジェクト


 昨年(2017年)10月、親から虐待された100名が書いた本『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』dZERO刊)が発売されました。
この本の発売1周年を記念し、『みんなの「親への手紙」プロジェクト』を企画しました。

書くだけで勇気を必要とするかもしれません。
自分の親が読まなくても、過去を思い返しながら積年の痛みに向き合うだけで十分つらいのですから。

それでも、すでに、1997年刊行の『日本一醜い親への手紙』とその続編『もう家には帰らない』、2017年刊行の『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』など、合計300人の方が「親への手紙」を書いています。

あなたも「親への手紙」を書いて、ネット上で発表してみませんか?
(※下の動画は、本に収録した手紙の一部を紹介したもの。実際の文面は長文です)



既にブログに書いている人も、これからブログに書く人も、その記事のリンクURLを送ってくれれば、このプロジェクトに参加できます。

メール本文に書いてそのまま当プロジェクトに送ってもらってもかまいませんし、ワードファイルに書いてメールに添付してもらってもかまいません。
下記の応募要項を読んでください。

【応募要項】

応募資格親から虐待された経験のある方のみ
※今も虐待されている方を含みます
※日本語で書かれた「親への手紙」であれば、年齢・国籍などは一切問いません

テーマ:親に言えなかった(言っても通じなかった)思い
自分が親からどんなつらいことをされ、その苦しみから今日までどうやって生きのびてこれたのかについて、親が言った言葉や自分にした行動を事実に即してなるだけ具体的に書く。
親からされて本当にイヤだったこと、不安、恐怖、痛み、つらさを、うちあける内容(※虐待とは→こちらを参照)。

応募〆切20181031日(水)24
 100点が集まり次第、予告なく〆切りが早まる場合があります
※先着順でごらんのサイトの一番下に張り付けています

■執筆ルール:下記の条件をすべて満たしてください
※文面の書き出しは、必ず「母へ」「父へ」「両親へ」のどれかに設定
 (両親の場合、本文中の主語を明確にしてください)
※「親への手紙」として、目の前の親に語りかけるつもりで書いてください
※本文中の親の呼び方は、「あなた」でも「ママ」でも「オヤジよ」でも何でも構いません。
 しかし、「母は~」「父は~」のように、ネットの読者に語りかける文章はやめてください。「親への手紙」ですから。
※学校の作文ではないので、方言や日常的な話し言葉で書いてもOK
※表題(タイトル)は自由につけてください
※以下の要素を本文の前に入れてください
★お名前 ハンドルネーム・匿名でもOK
性別
年齢 20181031日時点での年齢
職業 会社員・公務員・自営業・学生・無職・家事手伝いなど)
 ※ブログの場合、文章の終わりに下記をコピーして追加
  ●みんなの「親への手紙」プロジェクト 10月31日〆切
  http://letters-to-parents.blogspot.com/2014/08/2018minna-tegami.html

原稿枚数400字詰めの原稿用紙なら310枚以内
wordファイルなら左下に表示される字数で、1200字以上、4000字以内
※既にブログなどに「親への手紙」を書いている場合なら、そのURL(ホームページアドレス)を送る
※手紙の内容を裏付ける画像データがあれば、ブログ内(もしくはメール添付)で一緒に入れてください

■応募の仕方以下の項目をコピーし、conisshow@gmail.comまでメール
メールのタイトルに「親への手紙 応募」と必ず記入
 ★お名前(※ハンドルネーム・匿名でもOK
 ★ホームページURL(※あなたが「親への手紙」を書いたブログ記事のリンク)
 メール本文やワードファイル添付で送ると、当プロジェクト側でブログを作成
 ★性別
 ★年齢 20181031日時点での年齢
 ★職業 会社員・公務員・自営業・無職・家事手伝いなど

お問い合わせ・メールの送り先Create Media今一生

■「親への手紙」の発表:応募が届き次第、この下にタイトルを表記し、リンクします。100点が集まり次第、今一生のブログでも発表(※1人1点のみ)


【みんなの「親への手紙」リンク集】
 (※タイトルをクリックすると、リンクで読めます)

001 怖くて声も出せず泣いてた
002 私の人生を返して下さい!
003 私に関わらないで
004 反省文と暗い場所が嫌いだった
005 おまえがキチガイだろ? 
006 最低だった、母へ
007 母親は、いない
008 子どもより酒を選んだ父
009 子どもに興味のない人
010 人格障害の母親 
011 殺せないなら私が死にたかった
012 統合失調症の母親
013 私をレイプした父と守らなかった母へ
014 「支配」という名の愛情
015 もう邪魔しないで。お願いだから…
016 貴方の足音にいつもビクビク
017 私たちへの虐待を忘れた頃に復讐する(10月21日時点)



★2018年 子ども虐待防止策 講演会+ACお茶会 全国ツアー
 親から虐待された人、子ども虐待をなくしたい人、このチャンスに集まろう!
http://letters-to-parents.blogspot.com/2015/05/tour2018.html


※下のSNSボタンで、このプロジェクトの応援を!